FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://niigatafurumachi.blog.fc2.com/tb.php/32-3e7bc2b8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

超小型モビリティカー Hiriko 活用アンケート

hiriko000.jpg
「Hiriko(ヒリコ)」ってご存知ですか?
AFYPAIDA(スペイン国バスク州)とマサチューセッツ工科大学(米国)が共同開発した、都市内移動を想定した2人乗りの電気自動車のことです。

hiriko002.jpg
360度回転もでき小回りも効くので細い小路などの通行にも便利。さらに折り畳みも可能ときたので収納にも便利です。航続距離は約120㎞にも達し、最高速度は90㎞/hと原付よりも早いスピードがでるとのこと。

そんな「Hiriko」を古町地区で活用してみようと、関東経済産業局の支援のもと実用に向けたアンケート調査が実施されています。
これから新潟県下(新潟市、佐渡市、柏崎市など)でモビリティカーの実証実験(観光施設間や大学内の移動、情報交換など)を行う上で古町商店街がコミュニティの発信地であり、街づくりの中心となるためにどの様にモビリティカーを利用していくのかを、お客様、古町ファンの皆様からご意見を頂くものです.

実際、どのようなものかは動画をご覧ください。


現在、想定されている活用に向けた事業概要は、以下のようになります。

新潟市古町地区は新潟の老舗商店街であり、新潟のシンボリックな存在である一方、駅までの距離に合わせ、既存の顧客が老齢化し集客力が以前に比べて激減しております。そこで新潟県が取り組む「小型モビリティHiriko」開発と利用、運用事業において、運用拠点「Hiriko Cafe」を古町商店街に整備し、活用することにより、古町の情報提供と回遊性を高める効果と商店街への来訪者と商店街出店者の双方に大きなメリットをもたらす取組となることを想定しております。
 このための必要な調査事業を実施し、平成25年度以降における小型モビリティの活用と運用情報拠点「Hiriko Cafe」における情報利用とブランディングを通じ商店街の機能と事業の再生を両面から支援するものです。

古町に想定される「Hiriko Cafe」のイメージは、こんな感じだそうです。
hiriko003.jpg

「Hiriko Cafe」は、モビリティカーから幅広い人がこの施設を訪れ、自動車の活用だけでなく、人と街、思想を結びつける役割を担う場を目指すものです。

是非、実現へ向けて、皆様の貴重なご意見をお聞かせ下さい。
アンケート画面は、新潟中心商店街協同組合の公式サイト「新潟ふるまち」から入れます。

hiriko001.jpg
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://niigatafurumachi.blog.fc2.com/tb.php/32-3e7bc2b8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。